店選びは肝心! ボーイが働くキャバクラの選び方

ボーイについて

ボーイが働きやすいお店の選び方【まとめ】

ボーイの仕事は楽なだけではないということは、このサイトの他の記事を読んでもらうとわかりやすいと思う。
詳しい事情はここでは一旦置いといて、ボーイの仕事はその店によっても働きやすさがかなり違う。店が違えば、同じエリアでも少しずつ給料やスタッフのシステムも違うからな。

その中でボーイとして働きやすい店はどんな店なのか、その選び方のコツについてまとめていく。
一回経験した上で「自分にはしんどすぎて合わないかも」と思ってる人がいたら、それはボーイという仕事じゃなくて、店が原因だった可能性もある。
ボーイの仕事を始めるならできるだけ働きやすくて安全な店を選びたいよな。

先輩ボーイの言葉遣いがいい店を選ぶ

仕事をする上で人間関係は大事だと、俺は思う。
キャバクラのボーイの仕事も、最初は体験入店っていう1日だけ試しに働けるシステムがあるから、それを利用して働いてみてほしい。
その時の先輩のボーイが、スタッフ同士で話す時にどんな言葉遣いだったか。体入中の自分にも、丁寧で優しい言葉遣いで話しているかはかなり大きなチェックポイント。

お客さんへの対応が丁寧だということはもちろん、スタッフにも対応が優しければ、それだけスタッフを気遣う気持ちの余裕がある証拠だから。
対応が丁寧で言葉遣いも優しい店かどうかは、実際自分がスタッフになってみないとわからないところではあるから、ぜひ体験入店をして見極めてみる方が良いな。

店内の清掃がしっかり行き届いているお店もおすすめ

店内の清掃が行き届いていないということは、それだけ仕事が徹底されてないということ。
キャバクラの料金が高いことは、結構言われてることで、実際高い。
お客さんにその高い料金を支払ってもらうのに、店内の清掃がしっかり行き届いていないのはぼったくりと同じ。お客さんに失礼。
だから、ほとんどのキャバクラ・・・とりわけ、ちゃんと経営してるキャバクラはかなりしっかり清掃を徹底してる。

見極めるポイントとして、店内の清潔感をチェックするっていうのが大切だな。
特に控え室とトイレは絶対に見ておいたほうが良い。
この二つの場所が綺麗かどうかで、店の安心感が違ってくるから。
見えないところまで綺麗にできる店と、見えないところは手を抜いてる店。
どっちのほうが良い店かは・・・言わなくてもわかるよな。

身分証の提示を要求されないお店は絶対に避ける

どこかで働く時は必ず最初に身分証を提示しないといけない。それは労働基準法で決まってることだから。
キャバクラとかで身分証を見せたりコピーされることは抵抗があるかもしれないけど、だからって見せないことのほうが問題。
身分証を見せなくてもOKということは、その店で自分が働いた記録が法律的には無いということ。
それが発覚すればその店は法律違反に引っかかるし、もし自分が働いた分の給料をピンハネされたとしても法律的には記録が無いから対処できない。
そういう側面があるから、身分証不要と言われたら働かない方が安全だと言えるな。

ちなみに履歴書不要と言われる場合もあるけど、履歴書に関しては無くても法律的に問題は無いから大丈夫。
あくまで身分証関連だけ気をつけた方が良い。
面接の時に持って行くのも忘れないようにな。

キャストの定着率が低いお店もあまりお勧めできない

書いてることは少ないけど、「風通しが良い職場です」が「辞める奴が多くて入れ替わりが激しいです」っていう意味だということはまず知っておいてほしい。
キャストの定着率が低いっていうのは、人が入ってきてもすぐに辞めてしまって長く働いてくれないということ。
つまり、働く環境として悪すぎるから人が離れていって、その度に環境を改善せずに新しい人を集めてるということ。
定着率が高い店と低い店、どっちで働きたいかと言われたら絶対定着率が高い店だな。

定着率に関してはある程度働いてみないことにはわからないと思うけど、ひとつの目安として、2ヶ月以上同じ店の求人が出続けていたら注意が必要だと思った方がいい。
単純に2ヶ月以上求人を出しても、人が足りてないってことだから。

求人の探し方

求人の探し方にも色々な方法がある。大まかに分ければ方法は3つ。

  1.  駅前のフリーペーパーで探す
  2.  友達や知り合いの紹介で探す
  3.  求人サイトを使って探す

この3つの方法がどんな人に向いてるのか、どんなメリットがあるのかについてそれぞれ紹介していこうと思う。
ただ、ボーイの求人を探す時は探し方を1つに絞らずに、できるだけたくさんの求人を見てからからゆっくり店を選ぶ方が良いな。
この時、さっき教えた働きやすい店のポイントについてもしっかり確認していってほしい。

① 駅前のフリーペーパーで探す

まず、駅前のフリーペーパーで探す方法。
今はかなり減ってきてはいるものの、今でも地方の大きい駅だとフリーペーパーが置かれていて、その中にナイトワーク専門の求人がまとめられたものもあるかもしれない。
その中でボーイの求人を見つけて電話とかで応募する。
電話で直接応募することになるから、店長などの電話対応もかなりわかりやすい。

先輩のボーイや店長の対応をしっかり聞いてから面接に挑戦したい人にとっては、フリーペーパーを使った探し方が向いているかもしれないな。
あと、メリットとしては経営がしっかりしてて長く働ける老舗のキャバクラを見つけやすいということ。

フリーペーパーで求人を出すっていうのは、言ってしまえば結構古い方法で、ネットに求人を出すより明らかにコストが掛かる。
それでもフリーペーパーで求人を出してるっていうことは老舗で昔からそれで求人を出していたり、フリーペーパーで求人を出せるほど経済的に余裕があるっていう証拠でもあるんだよな。

② 友達や知り合いの紹介で探す

とにかく安心してボーイの仕事を続けられるところが良いという人は、この方法がおすすめだな。
まあ、友達や知り合いにキャバクラのボーイや店長をしてる人がいれば、という話でもあるけど。

フリーペーパーでも何でも求人広告を出す時は、お店の事細かな雰囲気やどんな人が働いてるか、店長や他のスタッフがどんな性格なのかまで書いてはない。
それがボーイとして働きにくい環境ならなおさらだよな。
でも、広告でもなんでもない友達や知り合いからの紹介なら、その友達が働いてみた正直な感想を聞いてから働ける。
シフトを友達と一緒に合わせれば、そばに友達もいるから頼りやすいし。

だから多少自宅から離れても、友達と一緒に働けるっていう環境を優先するのは結構メリットがある。
ただ、辞める時はよっぽどの理由が無いと紹介してくれた友達の顔にも泥を塗ることになるから、ちゃんと長く働かないとダメだけど。

③ 求人サイトを使って探す

一番今メジャーなのが、求人サイトを使って探す方法だな。
検索エンジンで「ボーイ 求人」とでも入力すれば、今はスマホでいくらでも求人を探すことができる。
フリーペーパーを取りに行かなくても、家でスマホで探せるからかなり手軽だな。

実際うちの店も今は人が必要になったら、キャバクラ専門の求人サイトを使って求人を出してるし。
求人件数が多くて、サイトから直接面接や体験入店の予約までできるから、今働いてるキャストもボーイも、ほとんどがその求人サイトから応募してきてる。

求人サイトを使って探すのが一番おすすめ!

キャバクラのボーイの求人を探す方法3つ紹介してきたけど、正直一番俺がおすすめなのが③の求人サイトを使って探す方法だ。
求人サイトを使えば時給や待遇もすぐわかるし、中には店の内装の写真を載せてるところもある。

だから店の雰囲気がかなりわかりやすいし、待遇や場所から一発で検索することもできる。
最近ではボーイをはじめとした男性向けのナイトワーク専門の求人サイトなんてものもたくさんあるから、ボーイの求人だけをまとめて確認したい人にとってもおすすめ。
とにかくたくさんの選択肢から働く店を決めたいという人にとって、求人サイトを使った方法はかなり人気が高くて、今は一番メジャーな方法とも言える。

お気に入り登録しておけば気になる求人をすぐに確認できるし、待遇やエリアなどの情報をサイトに登録しておけば、それに見合う求人が出てきた時にメールとかで教えてくれるところもある。
そういうサイトをうまく活用すれば、楽に自分に合った求人を見つけられるから、俺としてはボーイの求人を探したい人に求人サイトを使う方法をおすすめしたい。
うちの店の求人もあるし(笑)

おすすめの求人サイト【まとめ】

俺が個人的におすすめしたい求人サイトは全部で5つ。
どこも求人件数はトップクラスで使い方も簡単だから、うまく活用して自分に合ったボーイの求人を見つけて欲しい。
求人件数・使いやすさ・初心者に対してのおすすめ度の3つを5段階評価で紹介するから、その求人サイトを中心に見ていくとスムーズにたくさんの求人を見つけられる。

紹介する求人サイトの中から1つの求人サイトに絞って探すんじゃなくて、いくつか気になる求人サイトを選んで求人を探すのがおすすめ。
サイトによって掲載されてる求人が違うし、同じ店でも待遇にちょっとずつ違いがあるかもしれない。
安心して働ける良い待遇の店を選ぶために、いくつかの求人サイトを並行して見てみてくれ。

『upstage』

求人件数:
使いやすさ:☆☆
おすすめ度:☆☆

「upstage」は男性向けの高収入求人を取り扱っている求人サイトで、正社員の求人を中心に、ボーイに限らず様々な男性向けの仕事を掲載してる。
だから、バイトのボーイの求人を探してる人よりも、ボーイを本業として正社員としてしっかり働いていこうと思ってる人におすすめの求人サイトだ。
ある程度ボーイの仕事を続けてきて、移籍してもっと給料が良いところや出世しやすいところの正社員になりたい人におすすめ。
だから、まだボーイの仕事を始めることに不安がある人は、バイト中心の他の求人サイトの方が良いかもしれない。

引用:https://www.up-stage.info/

『メンズ体入』

求人件数:
使いやすさ:
おすすめ度:

「メンズ体入」はその名の通り、男性向けのナイトワークの中でも体験入店ができる店に絞って求人を掲載してる求人サイトだな。
体験入店をすればその店でちゃんと働く前に直にその店の雰囲気を知ることができる。
お店の対応や雰囲気、控え室の様子を知るためにも体験入店を利用することはぜひおすすめしたいから、体入できる店に絞っているこのサイトはナイトワーク初心者の人に向いてる。
待遇や職種から仕事を絞って選べるし、求人件数も結構多いから、かなり探しやすくて求人も見やすいな。

引用:https://tainew-otoko.com/

『野郎ワーク』

求人件数:☆☆
使いやすさ:
おすすめ度:☆☆

ここもボーイに限らず男性向けの様々な高収入求人をまとめた求人サイト。
職種は問わず、高収入で経験・学歴不問で働ける仕事を中心に掲載してる。
中には事務系スタッフや送迎ドライバー、WEBスタッフなんかの求人も見つけられるし。
バイトの求人も最低時給1000円から。だから今はフリーターだけど、将来を考えて正社員になれる仕事を見つけたい人には、「野郎ワーク」がおすすめだ。

引用:https://yarowork.jp/kanto/

『キャバクラボーイルート』

求人件数:
使いやすさ:
おすすめ度:

男性向けのナイトワークで高収入を、というよりボーイの仕事でのし上がっていきたい、長く続けていきたいという人におすすめなのが「キャバクラボーイルート」。
ここもナイトワーク初心者におすすめで、エリアごとに求人を探すとそのエリアの平均時給や月給がしっかり表示される。
あまりに高すぎる求人は怪しいから、そのエリアの相場の時給に近いかどうかを目安に求人を探せるのがかなり便利だな。
未経験OKの求人もかなり多いから、条件がよくて働きやすい求人をすぐに見つけられる。

『メンズバニラ』

求人件数:
使いやすさ:
おすすめ度:

とにかく稼ぎたいという人におすすめなのが、男性向け高収入求人の専門サイト「メンズバニラ」だな。
「メンズバニラ」は18歳以上なら誰でも働ける高収入ワークを全国各地紹介してるから、都心に限らず、地方でボーイの仕事を見つけたい人にもおすすめ。
求人だけじゃなくてコラム類も充実してるのが特徴で、全国各地のナイトワーク関連で働いている男性のインタビューは、読んでるだけで結構おもしろいし。
これを見てると、高収入に必要なのは頭の良さじゃなくてやる気と努力なんだなっていうのがよくわかるから、合わせて読んで欲しい。

引用:https://mens-qzin.jp/