禁断の関係 ボーイとキャバ嬢の恋愛事情

ボーイについて

ボーイとキャスト同士の恋愛は意外と多い

ボーイとキャストの恋愛については気になる人が多いかもしれない。
先に言うと、ボーイとキャストのカップルは、意外と多い。
そりゃあ、キャバ嬢やボーイの仕事を本業にしてる人にとっては、職場くらいしか出会いの場所が無いし、キャストのストレスやモチベーション管理を行う「キャスト管理」の仕事をしていれば、仕事以上に仲良くなることも珍しくはない。

キャストとボーイという関係から恋愛に発展することは正直無い話ではないけど、キャバクラの店長をしている俺からすれば、正直あんまり恋愛に発展しないでほしい。
幸い今のところ俺の店でスタッフ内カップルが誕生したことは無いけど、俺の知り合いのキャバクラの店長のところでは、キャストとボーイの恋愛が発覚して大ごとになってた。
この記事ではキャストとボーイの恋愛事情について話していこうと思う。
キャバ嬢と付き合えるかもしれないと思ってボーイの仕事に興味を持った人は、今すぐ考え直してほしい。

キャストとボーイ同士が付き合うことを「風紀」と呼ぶ

そもそも、キャバクラ業界全体がキャストとボーイが付き合うことをNGとしてるんだよな。
業界用語では、キャストとボーイ同士が付き合うことを「風紀」って呼ぶんだけど。
よく学校とかで風紀委員とかがあったと思うけど、その「風紀」と同じ意味。
(俺の通ってた学校には無かったから漫画の世界だけの話だけど)

辞書的な言い方をすると、「風紀」は店や学校の中での「男女間の交際に関する節度」のこと。
ルールが厳しいところでは、カップルが発覚したら風紀違反ということで別れさせられたり、罰金やペナルティ制度があるところがほとんど。
だから、キャストとボーイの恋愛は存在はするけど、成就することはかなり難しいとも言える。

風紀(ボーイとキャスト同士の恋愛)が成就しにくい理由

キャバクラ業界では、「風紀=ボーイとキャスト同士の恋愛」みたいな位置付けになってて、店の中での恋愛が禁止されてる。
つまり、ボーイとキャストが付き合った時点で、店のルールを破ることになるから、成就自体そもそも難しい。

キャストだって、わざわざ風紀を破ってまでボーイと付き合おうと思う人は少ないし。
それにキャバ嬢に下心を持って来店するお客さんも多いから、目の前で自分の彼女がお客様に手を出されかけてる、なんて状況にもなる。
精神的な問題と、キャバクラ業界のルール的な問題。風紀が成就しにくい理由について、詳しく説明していこうと思う。

どちらかが浮気する可能性が非常に高い

まず、どちらかが浮気する可能性が他の仕事をしてるカップルより非常に多い!
それぞれの浮気の原因について説明しよう。まずはキャスト。
キャストの出会いはボーイかお客さんくらい。

キャストはお客さんに気に入ってもらうことで売り上げを伸ばすから、店外デートも行くし、プライベートで連絡のやりとりをすることも多い。
お客様はお金を持ってる人も多いから、お金を持っていて自分に優しいお客様に対して、キャストの心がお客さんに揺らいだとしてもおかしくない。
ボーイも高収入を狙えるとはいえ、キャバクラに頻繁に通えるような大企業の社長や幹部クラスに比べても多いとは到底言えないし。

逆にボーイの場合。キャスト管理の慣れから、ボーイの仕事をしてると女の子の扱いはかなり上手くなる。
しかも、ボーイの仕事から昇格してキャバクラの店長になれば、努力次第で年収1000万円以上の高収入をえることだって可能。
元ボーイの、しかも男の俺が言うのもなんだけど高収入で女の子の扱いが上手い男ってかなり好物件だよな(笑)
だからもしプライベートで偶然女性との出会いがあったとして、そこから恋愛や浮気に発展していく可能性だってある。

罰金や袋叩きに合う可能性がある

キャストが「女」として自分をアピールして売上を取るのがキャバクラ業界。
だからこそ、風紀は絶対NGにしてる店も多い。もし風紀が発覚すれば、罰金や袋叩きに合う可能性だってある。
その罰金も100万円とか、そのレベルで。
付き合ってたことがバレたらそのボーイもキャストも他のスタッフから袋叩きにされて、果てはそのキャストのお客様に風紀をバラされたり。

ナイトワーク業界は噂の広がりもめちゃくちゃ早いから、まずクビは免れられないな。
だからどうしても付き合いたいなら、俺としては付き合う時にどっちかが店を辞めて他の店に移籍して欲しい、と心の中では思ってる。
キャストとボーイでも、他の店だったらルールに縛られずに恋愛して良いし。
俺も風紀だからって店の大事なスタッフから罰金巻き上げたくないから、波風立つ前に自分たちで対処して欲しい・・・っていうのが本音だ。

「色恋管理」と称して、キャストとボーイの恋愛を黙認している場合もある

でも、キャバクラの中には恋愛を黙認してる店もある。
それが「色恋管理」をしてるところ。ボーイに欠かせないキャスト管理の仕事は、キャストのストレスやモチベーションを上手く維持することも含まれる。
お客様に気に入られるって、結構難しい仕事でもあるし。
だから、キャスト管理のひとつの手法として、キャストとボーイがあえて付き合うことで管理しやすくしてる場合もある。

「色恋管理」とは?

色恋管理は、特にキャストによって向き不向きがある。
キャストのモチベーションを管理するためにボーイが彼氏としてキャストに寄り添うことで、キャストが精神的な安定を得られるとか、付き合った方が管理がしやすくなる。
そう店が判断した場合は、キャストとボーイの恋愛を黙認してることが多いな。

ただ、同時にそれをやってる店はかなり少ない。俺の店も基本風紀NGだし。
その理由について、色恋管理のメリットとデメリットという形で説明していく。

色恋管理を行うメリット

  1. キャストのプライベートに介入できる
  2. 彼氏として寄り添うことでキャストを精神的に安定させられる

特にキャストの精神面が弱くて、誰かが彼氏としてプライベートも含めて支えてあげた方が売上が伸びるという場合は、色恋管理は成功すると言えるな。
売上は出せるけど遅刻や欠席が目立つキャストは、彼氏として迎えに行くこともできるし。
キャストに自分を担当するボーイを「赤の他人」としてではなく「彼氏」として見てもらうことで、かなりデリケートな悩みも相談しやすくなる。
色恋管理と普通のキャスト管理、どっちの方がプライベートに深く介入できるかで考えると、色恋管理の方がやりやすいことは明白だよな。

色恋管理を行うデメリット

  1. 別れた時が大変
  2. お客さんにばれないようにしないといけない
  3. ボーイの方が尻に敷かれやすい?

色恋管理は付き合うことでキャスト管理がしやすくなる一方で、デメリットはめちゃくちゃ多い!
付き合って仲が良い時はメリットは多いけど、例えば別れた時や喧嘩した時は、キャスト管理どころの話じゃない。

彼氏(ボーイ)と喧嘩したから今日休みますなんて話になったら店には損害しかないし。
それに、お気に入りのキャバ嬢には別の彼氏がいるということだから、恋愛黙認とはいえお客さんにばれたらいい顔をされないのは当然のこと。
だから色恋管理が黙認されてるとはいえ、ある意味では諸刃の剣でもあるんだよな。
だから色恋管理をしてる店は存在するけど、それはかなり少数派。

色恋管理はあくまでキャスト管理の延長線上のことだから、キャスト管理が滞ればそれは大問題。
だからキャストである彼女のご機嫌を取る為にボーイの方が尻に敷かれる、なんて可能性もある。
それにさっき言った通り、キャストもボーイも、実は浮気の危険性がかなり高いことも否めない。
正直な話、色恋管理がキャストの引退まで長続きするっていうケースは、10年キャバクラ業界にいるけど聞いたことがない。
それでも、色恋管理と称してキャストと付き合いたいと思うか?