夜のお仕事はじめよう! ボーイの仕事内容

サイト紹介

俺は、はづき。
職業はキャバクラの店長。30歳。
高校を卒業してキャバクラに就職して・・・なんてご立派で順調な人生なんて歩んでなくて、高校の時にちょっとトラブルがあって中退した。
そのままフラフラしてた頃に中学からの悪友に誘われて、19歳の時にキャバクラのボーイになった。
そして今現在、そのキャバクラの店長まで務めてる。
店長としてボーイの面接をすることもあるけど、「俺でもやっていけるのか不安」「正直キャバクラのボーイの仕事ってあまりよくわからない」っていう奴は多いんだよな。
そいつらはわからないなりにある程度覚悟を持って来てくれたっぽいけど、やっぱ「わからないから不安」って奴が多いってことはよくわかる。
だからこのサイトでは、キャバクラ業界に10年いる俺が、ボーイの仕事やキャバクラ業界の仕組みについて書いていくことにする。

まずは最初に、ボーイの大方の仕事内容について、営業前・営業中・営業後に分けて紹介していこうと思う。

ボーイの仕事内容【営業前】

まずはボーイの営業前の仕事について。ボーイはキャバクラの中でも「雑用係」って言われることもある。
仕事内容を紹介すればそう捉えられてもおかしくないってことはわかると思うけど。
でもまあ、キャバクラを経営する上ではいなくてはいけない存在だから、あんま「雑用」なんて言い方する奴には良い気しない。
ボーイの仕事のやりがいを書いてるサイトもあるしな。

テーブルのセッティング

お客さんが来る前の営業前に、キャバクラとして開店するための準備をする。
そのひとつがテーブルのセッティングで、まずテーブル周辺の掃除から始まって、テーブルの上にグラスとか灰皿とか、基本的な接客で必要なものを出しておく。
氷は溶けるからお客様が来るまでは出さないけど、アイスペールを置くためのスペースもちゃんと準備する。

ある程度配置が決まってるから、新人でも覚えればたいしたことない仕事だと思う。
あと、予約や同伴で常連のお客様が来店することがわかってたら、そのお客様の好きな酒やキープしてるボトルをすぐに取り出せるように準備しておく時もあるな。
そこはその日の感じに合わせて臨機応変にっていう感じ。

店内の清掃

テーブルのセットと合わせて、店内の清掃もする。エントランスやフロアの床掃除もだし、俺はキャストが居心地よく感じられるように控え室の掃除も徹底させてる。
だから順番としてキャストが出勤する前、まずは控え室や裏の掃除をしてからエントランスやフロアの掃除、それから最後にトイレ周りの掃除をするような感じ。
俺の店もそうだけど、トイレはスタッフとお客様の共用だからスタッフが使い終わった後に掃除するのがいちばん効率が良いと思う。
トイレ掃除に関しては、営業時間中もこまめにチェックして必要があれば掃除する。臭いに関しても徹底してるから、備品の中に消臭スプレーは欠かせない。

フードやドリンクなどの補充

酒類に関しては発注してるからボーイ自ら補充する必要はあんまりないけど、カクテルを作る時に必要な炭酸水やジュース類は足りなければ買いに行く。
大量発注する必要のないものに限って営業時間中になくなることもあるから、できるだけ営業時間前に買いに行く。
あとおつまみとかのフード類も。ナッツとかオードブルとか。
うちはそこまで大きい店じゃないから、酒類以外は近所のスーパーに車で買い出しに行けば事足りるけど、店によってはフードも発注してるな。

ついでにトイレットペーパーとか、そういう備品関係も一緒に買い出しに行って補充しておく。
営業時間中にいきなり無くなったことに気づいて焦らないように、営業時間前の備品チェックはマジで念入りにやる。
なんなら俺がやる時もある。俺が備品や買い出しが必要なものをチェックして、ボーイに買いに行かせるとか。

出勤するキャストの確認

今日出勤するキャストが誰なのか、何時くらいに出勤してくるのか、同伴して出勤するのか。
そういうことに関してもボーイがしっかりチェックする。
本当はこんな仕事しなくても時間までにちゃんと全員出勤するのが当たり前なんだけど。

でもキャバ嬢の仕事を舐めてるのかたまに無断遅刻とか無断欠席するキャストもいるから、念のためしっかり確認して、時間通りに来てなければボーイが電話する。
キャバクラではそれぞれのキャストに担当するボーイがつけられてる。
そのボーイが自分の担当するキャストがちゃんと出勤してるのか、もしくは今日はどう出勤するのかちゃんと把握しておくのが一般的だな。

ボーイの仕事内容【営業中】

ボーイの仕事は一見地味だけど、最初にも言ったようにキャバクラを経営していく上でなくてはならない存在でもあるんだよな。
だから、地味とか脇役とか思わず、これらの仕事もしっかりこなしていってほしい、と俺は思う。
ボーイの仕事はやりがいないとか思って辞める奴も実際いるけど、やりがいなんてちゃんとボーイの仕事を真剣にやってたら出てくるものだし。
俺を含め、ボーイの仕事もちゃんと見て評価してくれる人もいるってことを意識してこれらの仕事をしていってほしい。

来店時にお客様の荷物を預かり席に案内する

まずお客様が来店したらカバンとか上着とか、お客様の荷物を預かって席に案内する。
この時どの荷物がどのお客様のものか、しっかり把握しておく必要がある。
お客様が帰られる時に荷物を取り違えたりしないように気をつけないといけないし。

上着は綺麗にハンガーにかけてしわが寄らないようにして、うちの場合は仕切りつきのロッカーでお客様ごとに荷物を保管してる。
基本的にはお客さんが来店したら帰られるまで、ずっと同じボーイが担当して接客することになるから、自分が預かった荷物は自分が覚えておく。
会社帰りのサラリーマンの荷物は基本黒だから、最初はこの「お客様の荷物を覚える」っていうのが結構大変かもしれない。

お酒を作る

お客様の荷物を預かって席までご案内したら、後は基本の接客はキャストに任せて、ボーイはそのキャストの接客のアシストをする。
その中で団体のお客様が来店した時に必要なのが、お酒を作ること。
基本的にボーイはキャストが席で水割りを作るために必要な道具を揃えておくだけだけど、団体のお客様でキャストだけでは時間がお酒作りに時間が掛かりそうならボーイも手伝う。

で、キャストの分のお酒はボーイがつくる。とはいえ「お酒」かどうか怪しいけど。
キャストが頼むお酒は基本的にカクテルメニューが多い。カクテル系はお客様からは見えないキッチンで作るから、ノンアルコールでもバレない。

そこはキャストのドリンクの好みによって変えたりする。
例えばキャストが「カシスオレンジお願いします!」と言ったら、キッチンに行ってほぼオレンジジュースみたいなカシスオレンジを作る。
まあ、キャストの中には未成年もいるし、ノンアルコールでもそれが売り上げに繋がるからフェイクのお酒を作る機会も日常茶飯事だと思う。

灰皿や氷の交換

キャストが接客する上で必要なものは、キャストがボーイに頼まずともボーイが判断して補充する。
言われなくてもできるようになることが、ボーイとして当たり前だと俺は思う。
だってあくまでお店の顔はキャストで、ボーイはそのアシストだから。
(だから脇役とか言われるんだろうけど。)
タバコを吸うお客様だったら、いつでも綺麗な灰皿を使ってもらえるように吸殻が乗ったらすぐに新しい灰皿と交換する。
アイスペールの中の氷が半分以下になってきたら、満タンのアイスペールと交換する。

トイレの空き状況の伝達

お客様をトイレの前で待たせるのはキャバクラではNGだから、お客様が「トイレに行きたい」と言ったら、キャバ嬢からハンドサインをもらって、トイレの空き状況を確認する。
で、空いてたらキャバ嬢にハンドサインで空いてることを伝える。空いてなかったら違うハンドサインを出して、ちょっと待ってもらう。
このハンドサインは店によっても少しずつ違うから省いておくけど。

で、空いてたらトイレまで誘導する。
お客様がトイレを使い終わったら、次のお客様にも気持ちよくトイレを使ってもらえるように、お客さんが見ていないタイミングでトイレの確認をして匂いや汚れが残っていないか確認する。
この時汚れや臭いが残っていたら「うわっ」と思いつつ、サッと掃除してしまう。

ボーイの仕事内容【営業後】

営業が終われば、次の日の営業のために店の整備をするんだよな。
ここではボーイの営業後の仕事について紹介していくことにする。

店の規模によっても違うだろうけど、これらの仕事についてはだいたい1時間もあれば終わると思う。
だから営業が終わったからと言って気を抜かずに、これらの仕事についてもちゃんとやっていってほしい。

グラスや皿、テーブルの片づけ

その日の営業中に使ったグラスや皿をキッチンに持って行って、テーブルの片付けをする。
営業時間中にもやるけど、ちゃんとしっかり片付けるのは営業が終わってから。テーブルの上を片付けて、テーブルやその周辺をしっかりとおしぼりやクロスで拭く。
意外と酒ってどこかにこぼれてたりしてて、それが残ってるとテーブルがベタベタする。
お客様が酒の付いた手でソファやテーブル裏を触ってる可能性もあるから、テーブルの裏側もしっかり拭いて汚れを残さないようにするのが基本だな。

女の子の送迎

ある程度掃除が終わったくらいのタイミングで、キャストもヘアメイクを落として着替えてると思う。
キャバクラの営業が終わった時間は終電も無いから、キャストの女の子たちを車で送迎することになる。
まあ、ここに関しては送迎ドライバーを雇ってる可能性もあるから、必ずしもボーイがしないといけないというわけでもないし、逆にボーイが送迎ドライバーのお世話になる場合もあるな。

規模が小さい店なら送迎ドライバーとボーイを兼任して、ボーイが安全運転で女の子たちを家まで送る。
うちも送迎ドライバーを雇ってないけど、大事な店のスタッフを安全に送り届けたいし、暗闇の運転になるから、ベテランのボーイか店長の俺がキャストを送るようにしてる。
女の子の中には実家暮らしで親バレしたくないっていう子もいるから、その場合は家の近くじゃなくて最寄駅とか、家の近くの人目に付かないところで降ろしたりもするな。

明日の営業準備を行う

送迎する必要が無いボーイは、明日の営業準備を行う。例えば明日の酒の発注をしたり、おしぼりを洗って干したり。
あとその日のうちに明日買い出しに行く必要があるものをリストアップしておくこともある。
その日に来たお客さんの名刺をまとめて管理するのもボーイの仕事。次またそのお客さんが来た時も、ちゃんとお客さんのことを覚えておくために必要なことなんだよ。

あと次の日にクリスマスやバレンタイン、キャストのバースデーイベントがあれば、そのための飾り付けで解散が朝方になる可能性もある。
もちろんその時はちゃんと残業代を出してるから、稼ぎたい奴はこぞって準備に参加してるな。

以上、記事を見てボーイの仕事に興味をもった人は、早速ボーイの求人を探してみてくれ!
もし首都圏在住で東京都のキャバクラボーイ求人を探すなら、ボーイルートというサイトがお勧めだ。

プロフィール

俺のプロフィール・・・まあ、読んでも読まなくても記事にはあんま関係ないけど

名前

はづき。
苗字か「店長」って呼ばれることが多いけど、昔は「高速破りのマッハ」って呼ばれていた時期もあったな(笑)

年齢

今年で30。
ちなみにボーイの仕事を始めたのが19の時で、店長になったのが25。
だから店長歴で言えば5年目。

趣味

総合格闘技の観戦。やっぱり生で見た方が燃えるから、普段は頑張って働くけど外せない試合の時だけは休みを取るっていう生活。
俺の休みは総合格闘技を中心に回ってる!
同じ理由で年末はライジン観るために絶対集まって、カウントダウンとかしないで会場か自宅にいる。
あと、強いて言えばツーリングも好きだな。
ツーリングと呼べるほど立派なものでもないけど、たまにバイク乗って遠出してストレス発散してる。